残薬

高齢者宅から薬が大量に見つかる事例が目立っている。「残薬」と呼ばれ、多種類を処方された場合など適切に服用できず、症状の悪化でさらに薬が増える悪 循環もある。年400億円を超えるとの推計もあり、薬剤師が薬を整理し、医師に処方薬を減らすよう求める試みが広がる。(朝日新聞デジタル)

 

20150408-00000006-asahi-000-view

 

年間400億円分というのも衝撃的な額ですが、認知症では自己管理できず薬を飲まないから悪化し薬の量が増える悪循環、これを徹底的にケアする必要がありますね。

 

「本人が大丈夫」と言っているからと安心してはいけません。

 

しっかりと見てあげないと健康を取り戻せないどころか悪化します。

 

高齢者じゃなくても症状が少し良くなると薬飲むのを止めてしまう人って多いと思います。我が家にも全くないことではないです。

 

残薬を減らし無駄になってしまう医療費の国家予算を減らす、その分個人の医療費負担を減らして欲しいですね。

 

この悪循環も改善していかないとアメリカみたいに医療費が高いから病院に行けないという状態になりそうです。

 

 

 

センター長かわら版

お問い合わせ・0120-966-268

青山・表参道 笑顔とまごころで

アクセスマップ

プラチナライフ

表参道B3出口より徒歩20秒
〒107-0062
東京都港区南青山5-6-25 永和ビル1階
TEL / 0120‐966‐268
FAX / 03-3407-7636
営業時間 / 10:00~19:00
※日曜日・祝日は事前に
 ご予約ください。

高齢者の住宅は「施設の種類」「サービス」「介護」「医療」「料金」などが施設によってさまざまです。それを比較検討される際にプラチナライフは、現地を案内同行いたします。

スタッフブログ

走る社長ブログ