センター長かわら版

センター長が気になったニュースをお届けいたします。

2014.12.17
セミナー開催

本日は「チャームスイート新井薬師 さくらの森」様に会場をご提供頂き   「知っていますか?後見人と身元保証人の違い」というテーマにてセミナーを開催させて頂きました。   今回は講師として「一般社団・・・続きを読む

2014.10.03
今どきシニア

  株式会社あおぞら銀行が「シニアのリアル調査」という興味深い調査を実施しました。   チャレンジ精神旺盛でアクティブな世代「Briliant60s=輝ける60代」に注目し全国の55~74歳の男女207・・・続きを読む

2014.08.26
プラチナ新聞8月号

  毎月お配りしている「プラチナ新聞」   「8月号」をホームページからも見れる様に致しました。   今回は「24時間看護体制」特集です。     ・・・続きを読む

2014.06.20
人は何歳まで生きれるのか?

生物学的には男性115歳 女性122歳の様ですね   そして、100歳以上の老人が毎年敬老の日にあたりに発表になるのですが、記録がとられはじめた1963年に153名だったその数は一昨年、5万人を超えました。10年毎に3・・・続きを読む

2014.05.30
身元不明男性18年間特養に

埼玉県狭山市で1996年に保護された認知症とみられる男性が約18年間、身元のわからないまま、市内の特別養護老人ホームに入所していることがわかった。男性は当時60歳前後、「ノムラショウキチ」「都内から電車で来た」などと話したという。 &・・・続きを読む

2014.05.19
認知症 踏切事故:同居の妻に賠償命令、長男は棄却

愛知県大府(おおぶ)市で2007年、認知症の男性(当時91歳)が徘徊(はいかい)中に列車にはねられて死亡し、JR東海が男性の遺族に振り替え輸送代など約720万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(長門栄吉裁判長)は24日、男性・・・続きを読む

2014.05.16
NHK番組きっかけに夫と再会 ニッポン放送元女子アナだった

NHKスペシャル「行方不明者1万人~知られざる徘徊の実態」(11日放送)をきっかけに、7年ぶりに夫との再会を果たした認知症の女性が、元ニッポン放送の女性アナウンサーだったことが分かった。58歳ごろからもの忘れが目立ち始め、若年性アルツハイマ・・・続きを読む

2014.05.15
ニューエルダー

新聞を見ていると「ニューエルダー」という言葉が目に入り 気になって記事を読んでみると下記の通りです(著:星川俊夫)   日本レクリエーション協会が文部科学省から受託で「高齢者の体力つくり支援事業」で自分の体の状態・・・続きを読む

« 前のページ   

センター長かわら版

お問い合わせ・0120-966-268

青山・表参道 笑顔とまごころで

アクセスマップ

プラチナライフ

表参道B3出口より徒歩20秒
〒107-0062
東京都港区南青山5-6-25 永和ビル1階
TEL / 0120‐966‐268
FAX / 03-3407-7636
営業時間 / 10:00~19:00
※日曜日・祝日は事前に
 ご予約ください。

高齢者の住宅は「施設の種類」「サービス」「介護」「医療」「料金」などが施設によってさまざまです。それを比較検討される際にプラチナライフは、現地を案内同行いたします。

スタッフブログ

走る社長ブログ